化粧水にコットンパッティングは必要?

使用コットン「100均など特に気にせず買っています」 29歳・女性

手でつけているのと比べると、中に浸透していくように感じます。手でつけるだけだと手にも化粧水が馴染んでしまって、こぼれたり化粧水も大量に消費してしまったりするので、少し手間ですがコットンの方が私は合っていると思います。

使用コットン「Cleanpuff(コットン・ラボ株式会社)購入場所はスーパー」 28歳・女性

化粧水を手でつけると、肌の表面はベチャベチャしますが、中まで浸透している感じがしません。コットンパッティングでは、肌の奥までしっとりした感じがします。肌ももっちり柔らかくなる印象を受けるので、明らかに違うと思っています。

使用コットン「ダイソーの100円均一など」 46歳・女性

若い頃は手でつけてもコットンでパッティングしてもあまり変わらないと思っていましたが、年齢を重ねるにつれて肌への浸透や潤いが、触ってみてずいぶん違うと感じるようになりました。気になる場所に何度かパッティングすると特に潤うと思います。

使用コットン「無印良品」 28歳・女性

手でつけるよりもコットンパッティングした方がより肌へ浸透するように感じます。手でつけると一度にとれる化粧水の量が少量になったり、垂れたりして上手く肌に浸透させるのが難しいと感じていたのですが、コットンパッティングするようになってからは肌に化粧水が浸透しているのを実感できるようになりました。

使用コットン「資生堂ドラッグストア」 35歳・女性

パッティングした後、はがしたコットンでパックすることもできると言う利点もあるので、コットンの方が経済的に潤うと思う。手で塗るとどうしてもまばらにしか濡れていないらしく、顎のラインなどがガサガサしがちです。

使用コットン「シルコットドラッグストア」 58才・女性

手のひらにのせる化粧水は意外と量が少なめになりますし化粧水自体が手のひらに沁み込んでしまいます。コットンを使って化粧水をつける場合は、化粧水をある程度沁み込ませて暫く肌にのせてますので浸透しやすくなり、手でつけた時よりも肌は潤います。

使用コットン「シルコット、スーパー」 40代・女性

違いを感じています。コットンでたたきこむ方が、肌に浸透している感じがします。肌なじみがよいですね。手でつけようとするとまずこぼれやすいです。コストパフォーマンスを考えても、コットンの方が良いと思います。

使用コットン「ダイソー100円均一」 30代後半・女性

手でつけると、化粧水が手のひらに吸収されているようで、あまり浸透している感じがしません。コットンパッティングするとひんやりとし、毛穴が締まっているのを感じます。ひんやりしだしたら、コットンの化粧水も少なくなっているので、「追い化粧水」をします。1回目の半分程度の量の化粧水を追加し、またパッティングするとより浸透ししっとりした仕上がりになります。

使用コットン「ドラッグストア購入、カネボウのデイリーコットン」 25歳・女性

違いは明らかに感じます。(化粧水を500円玉くらいの量を出して使うものとします。)コットンで使うと、全体に均等につけられる上、ベタベタせずにしっとりした感触になります。ですが同じ量を手で使うと、潤うというより表面がベタベタになる感じで、もたついてなかなか入っていかないです。

使用コットン「ドラッグストアで購入したKOSEのコットン」 28歳・女性

手で付けた方がもっちりするように思います。コットンパッティングも丁寧に時間をかければ浸透しますが、さっと付けるだけだと表面だけが保湿された感じがします。

プレ化粧水・導入化粧水とコットンパッティング

コットンパッティングは化粧水をより肌に染み込ませるためのものですが、同じようにプレ化粧水、導入化粧水というものがあります。

ですがコットンパッティングと同じく幻の効果です。

プレ化粧水の仕組みと効果→http://プレ化粧・導入液の嘘.com/

コットンパッティングもプレ化粧水も使うと満足感があります。でも実際は肌にとってのマイナス効果のほうが大きく、肌を綺麗にしたいという思いからはかけ離れてしまいます。

コットンパッティングをしている女性は概ね満足されていますが、それは肌自信は喜んでいないことをなかなか納得してもらえなくて困りますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加