コットンパッディング派の理由

  1. トップページ
  2. コットンパッディング派の理由
使用コットン「100均など特に気にせず買っています」 29歳・女性

以前はずっと手で化粧水をつけていましたが、手のひらからこぼれ落ちたり化粧水を大量に消費してしまったりしたので、コットンに変えてみました。少し手間ですが、流れ落ちたりすることがなくなったので今までも続けています。手でするよりは、細かな場所まで化粧水をつけることができるので良いかなと思います。

使用コットン「Cleanpuff(コットン・ラボ株式会社)購入場所はスーパー」 28歳・女性

以前は手で化粧水をつけていました。しかし、高保湿の化粧水や乳液を使ってもすぐに肌が乾燥してしまい、肌が突っ張る感じが続きました。そこでたまたまネット上でコットンパッティングのことを知り、試しに行ってみると、手でつけるよりも突っ張り感が軽減したため、現在でも継続しています。

使用コットン「ダイソーの100円均一など」 46歳・女性

若い頃は手でつけることが多く、たまにコットンを使う程度でした。ただ年齢を重ねて30代半ばごろから、秋冬にとくに乾燥して化粧のりも悪くなってきたので、たまたまネットで見かけた記事の真似をしてコットンパッティングをするようになってから、化粧のりも回復して来たので続けています。

使用コットン「無印良品」 28歳・女性

コットンパッキングするようになったきっかけは、友達に勧められてでした。以前は手で化粧水をつけていたのですが、美容に詳しい友達に化粧をしてもらったときに、化粧水は手よりもコットンの方が浸透しやすいと教えてもらい、それからはコットンに切り替えました。

使用コットン「資生堂ドラッグストア」 35歳・女性

皮膚科でシミやニキビの治療を受けた時に、担当医に勧められたのがコットンパッティングだったため使用し始めました。それ以前は手で塗っていて、手は柔らかいので摩擦を気にすることなく、こすってしまいがちでした。

使用コットン「シルコットドラッグストア」 58才・女性

以前は手で化粧水をつけていました。しかし乾燥肌タイプなので、すぐに肌が乾燥するので二度づけしていました。美容部員さんにカウンセリングしてもらった時に、コットンを使った方が肌が必要としている水分が浸透し易くなりますよとアドバイスされたのがきっかけでコットンを使うようになりました。コットンを使うと化粧水が勿体ないように最初思ってましたが、手のひらでつけてた時と化粧水の減り方にあまり差はありません。

使用コットン「シルコット、スーパー」 40代・女性

きっかけは雑誌の美容記事の影響と思います。美容記事では大抵コットンパッティングを推奨していますよね。テレビの情報かもしれません。それ以前は手でつけていましたが、コットンパッティングを試してからはずっとコットン派です。

使用コットン「ダイソー100円均一」 30代後半・女性

以前はとろみのある化粧水を手のひらでつけていました。時短で楽でしたが、エステティシャンの友人にコットンパッティングを薦められ、やってみたら時間はかかるものの浸透感が全く違いました。以後、朝晩コットンパッティングをしています。

使用コットン「ドラッグストア購入、カネボウのデイリーコットン」 25歳・女性

最初はコットンで化粧水を使っていましたが、多忙で面倒くさくなってしまい、一時は手で化粧水を使うようになりました。ですが手で使うようになったら、やたら肌がベタベタして化粧崩れしやすくなってしまったので、半年そこそこでまたコットン使いに戻しました。

使用コットン「ドラッグストアで購入したKOSEのコットン」 28歳・女性

以前は手で付けていましたが、コットンの方がお手軽に出来るので時間がないときやどうしても眠い時はコットンにしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加